2019年アイアンランキング人気おすすめベスト10|評価と特徴

スポンサーリンク

こんにちは。くろです。

本日は2019年人気アイアンランキングおすすめベスト10を紹介します。

 

 

 

のん
のん

あれよね?2019年まだだから、直近の新発売おすすめアイアンを中心にランキングしてるんでしょ?

 

 

その通りです。新製品が発売になりましたら随時ランキングを入れ替えます。

 

 

 

スポンサーリンク

2019年アイアンランキング人気おすすめベスト10|評価と特徴

2019年アイアンランキング人気おすすめベスト10|評価と特徴

2019年アイアンランキング第10位 本間ゴルフ TW747VX

オススメ度(60%)

 

【TW747VXの特徴】

  • 操作性が良い
  • つかまりにくい
  • 打感良し
  • フォージドなのに飛距離性能抜群

 

【番手ごとのロフト角】

5番 6番 7番 8番 9番 10番
24度 27度 30度 34度 38度 43度

このTW747VXは、フォージドアイアンなのにぶっ飛びアイアン。ようはフォージドなのに飛距離性能が飛び抜けているアイアンなんです。試打した際は、不思議な感覚に襲われました。

私の個人的な感想ですが、本間のアイアンは打感がミズノに匹敵するほど素晴らしいのですが、扱いが非常に難しいように感じます。ボールが逃げるというか、捕まりにくい感じがします。

詳細については下記の試打記事をご覧ください。

>>本間ゴルフTW747VXの試打記事はこちらから

 

 

2019年アイアンランキング第9位 キャロウェイ X-FORGEDアイアン

オススメ度(70%)

 

【X-FORGEDアイアンの特徴】

  • 飛距離性能良し
  • ミスの許容範囲普通
  • 打感普通

 

【番手ごとのロフト角】

5番 6番 7番 8番 9番 PW
26度 29度 33度 37度 41度 45度

打感は普通ですが、飛距離性能はそこそこです。操作性よりかは、直進性に重点をおいているアイアンだと感じました。

このキャロウェイX-FORGEDアイアンについては当サイトでも実際に試打した感想を記事にしておりますので、是非以下の試打記事もチェックして見てください。

>>キャロウェイX-FORGEDアイアンの試打レビューはこちらから

 

 

2019年アイアンランキング第8位 YAMAHA RMX218

オススメ度(70%)

 

【RMX218の特徴】

  • 飛距離性能良し
  • 抜けやすい
  • まっすぐ飛ぶ

 

【番手ごとのロフト角】

5番 6番 7番 8番 9番 PW
24度 27度 30度 34度 39度 44度

ヤマハのクラブは難しいですが、RMX218アイアンについては敷居は高くなさそうです。ダウンブローが苦手でウッド系のクラブが得意な方は合いそうなアイアンです。

>>RMX218の試打記事はこちらからどうぞ♪

 

 

2019年アイアンランキング第7位 Titleist718MB

オススメ度(75%)

 

【718MBアイアンの特徴】

  • ミスの許容範囲が狭い
  • 操作性抜群
  • シャープで構えやすい
  • マッスルバックなのに飛距離性能が良い

 

【番手ごとのロフト角】

5番 6番 7番 8番 9番 PW
27度 31度 35度 39度 43度 47度

シャープで構えやすく、打感も良い。飛距離性能についてもマッスルバックだからと言って飛ばないわけではなく、フォージドレベルの飛距離性能を誇っている。

しかし、ミスには厳しいアイアンとなっておりますので、初心者が最初から使うアイアンとしては非常に難易度が高いものとなりますので、初心者ゴルファーであれば、718AP2718AP3を選択したほうが良いかと思います。

>>718MBアイアンの試打レビューはこちらから

>>718MBアイアンの特集記事はこちらをチェック

 

 

2019年アイアンランキング第6位 MizunoPro319アイアン

オススメ度(80%)

【319アイアンの特徴】

  • 打感が抜群に良い
  • ミスの許容範囲が狭く難しい

 

【番手ごとのロフト角】

5番 6番 7番 8番 9番 PW
27度 30度 34度 38度 42度 46度

さすがミズノゴルフ。打感・操作性共に最高の仕上がりとなっております。とにかくミズノはミスに厳しいアイアンとして知られておりますが、このMizunoPro319もミスには非常に厳しいです。平気で10y、20yの距離が変わってきますので、高い精度が求められるアイアンです。当サイトでもミズノプロ319アイアンを試打しておりますので、ぜひ以下の試打記事もチェックして見てください。

>>MizunoPro319アイアンの試打記事はこちらから

 

 

2019年アイアンランキング第5位 Titleist AP2

オススメ度(88%)

 

【AP2アイアンの特徴】

  • 曲がりにくい
  • ミスの許容範囲が広く扱いやすい
  • 打感は悪くなく普通
  • 操作性も良

 

【番手ごとのロフト角】

5番 6番 7番 8番 9番 PW
24度 27度 30度 34度 38度 43度

タイトリストは上級者のクラブと思ってるそこのあなた!初心者/初級者でも使えるオススメアイアンがあるんです。敷居が高いと思ってて手を出しにくい方はぜひ718AP3を使って見てください。

ボールも比較的上がりやすいですし、打感も良い。今後アスリートゴルファーを目指す方にもオススメできるアイアンです。私も実際に試打しておりますがかなりの高評価でしたので、ぜひ当サイトの試打記事もチェックして見てください。

>>718AP2アイアンの試打記事はこちらからどうぞ

 

 

2019年アイアンランキング第4位 Titleist AP3

オススメ度(90%)

 

【AP3アイアンの特徴】

  • 直進性能と飛距離性能が抜群に良い
  • ミスの許容範囲が広く扱いやすい
  • 打感良し

 

【番手ごとのロフト角】

5番 6番 7番 8番 9番 PW
24度 27度 30度 34度 38度 43度

先ほどの718AP2と並んでおすすめなのが、この718AP3です。718AP2よりも若干アベレージゴルファー向けですので、気分的に718AP2では扱いが厳しいと思う方は、この718AP3がおすすめです。ボールも比較的上がりやすいですし、打感も良い。今後アスリートゴルファーを目指す方にもオススメできるアイアンです。詳細は以下の試打レビューをご覧ください。

>>718AP3アイアンの試打レビューはこちらから

 

 

2019年アイアンランキング第3位 SRIXON Z785

オススメ度(95%)

 

【Z785アイアンの特徴】

  • 飛距離性能は普通
  • ミスの許容範囲も多少広くなっている
  • 操作性良し

 

【番手ごとのロフト角】

5番 6番 7番 8番 9番 PW
25度 28度 32度 36度 41度 46度

スリクソンは他メーカーのクラブにはない抜群の抜け感がオススメです。なぜこの抜け感を出すことができたのか!?

↓この写真をご覧ください。

Z785のソール部分の写真ですが、縦に線が入っているように見えませんか?実はこれ、ソールが少し尖ってるんです。この尖りによって、接地抵抗を極力無くして抜群の抜けを出しているんです。

>>Z785アイアンの試打レビューはこちらから

>>Z785アイアンがおすすめな理由

 

 

2019年アイアンランキング第2位 SRIXON Z-FORGEDアイアン

オススメ度(95%)

 

【Z-FORGEDアイアンの特徴】

  • ウェット状態でのスピン性能が抜群
  • 打感が非常に柔らかい
  • V形状のソールによって、抜け感が抜群によい

 

【番手ごとのロフト角】

5番 6番 7番 8番 9番 PW
26度 29度 33度 37度 41度 46度

2019年のスリクソン新商品、マッスルバックのZ-FORGEDアイアンです。松山英樹、星野陸也、出水田大二郎らプロゴルファーも採用を始めているこのZ-FORGEDアイアンですが、打感が柔らかいのが特徴で、もう一つの素晴らしい性能は「ウェット状態でのスピン性能のアップ」です。

この画像はダンロップホームページからの抜粋ですが、従来品、要は前作のZ965アイアンと比べるとはるかにウェット状態でのスピン性能がアップしております。また、ソールについては従来品同様にV形状のソールを採用しているので、抜け感抜群で言うことなしのアイアンです。

>>スリクソンの2019年新モデル「Z-FORGEDアイアン」最新情報公開

>>Z-FORGEDアイアンの試打レビューはこちらから

 

 

2019年アイアンランキング第1位 SRIXON Z585

オススメ度(95%)

 

【Z585アイアンの特徴】

  • 抜けが抜群に良い
  • ミスの許容範囲が大きい
  • 曲がりにくい
  • 操作性もある

 

【番手ごとのロフト角】

5番 6番 7番 8番 9番 PW
24度 27度 31度 35度 39度 44度

 

Z785アイアンと同様に、

ソール面が尖っており、抜け感抜群となっております。写真を見てわかる通り、Z785と比べるとソールがやや幅広く感じられませんか?これによってどんな違いが出るかというと、

【メリット】

  • 飛距離性能アップ
  • ミスの許容範囲アップ

 

【デメリット】

  • 操作性ダウン
  • ヘッド自体が大きく、振り抜きにくい

 

というようになります。基本的な性能はZ585もZ785も同じですので、あとはあなたが何を優先させるかによって変える形になります。

>>Z585アイアンの試打レビューはこちらから

>>Z585アイアンがおすすめな理由

 

 

スポンサーリンク

まとめ|2019年アイアンランキング人気おすすめベスト10 評価と特徴

ランキング結果ですが、

【2019年アイアンおすすめランキング結果】

このような結果となりました。

上位陣はこちらの初心者ゴルファー向けのアイアンランキングと少し似てますが、SRIXONのアイアンは2017年からソールの形状が変わり、非常に素晴らしいアイアンへと変貌を遂げました。今回2019年についてもZ585,Z785はその仕様を受け継いでおりますので、上位ランキングとさせていただきました。

MizunoProについては、アイアン好きな方から見ればダントツ1位でも良いかと思いますが、総合的な性能を見てランキングさせていただきましたので、第5位とさせていただきました。

そしてSRIXON Z985(仮)については、必ず近々に発売するであろうSRIXONのマッスルバックアイアンを想定してランキングに入れております。発売され次第、確実にランク入りすると思いますので、データはございませんが、現状で仮として入れております。

早速SRIXON Z-FORGEDアイアンをランクインさせていただきました。少し難しい部類に入るアイアンですが、使いこなせるようになった時の感動は素晴らしいものです。天候関係なくグリーンでピタッと止まるアイアンショットを、このZ-FORGEDアイアンなら手助けしてくれると思いますので、ぜひチェックして見てください。

 

タイトルとURLをコピーしました