2019年マッスルバックアイアン人気おすすめランキング|評価&特徴

スポンサーリンク

マッスルバックアイアンは従来敷居が非常に高いアイアンでしたが、最近のマッスルバックアイアンは昔ほど難しくないんです。もちろんコントロールしようとすると難しいですが、中級者でも普通に使いこなすことができる仕様となっております。

ゴルフをやれば一度は使ってみたいと思うマッスルバックアイアン。今回はそんなマッスルバックアイアン2019年人気おすすめランキングとなります。

このランキングは新製品が発売されたり、素晴らしいマッスルバックアイアンを私が見つけたら都度更新していきますので、どのアイアンがランキング入りするのか?楽しみにしていてください。

>>マッスルバックアイアンのメリット・デメリットをまとめた記事にについてはこちら

 

 

スポンサーリンク

2019年マッスルバックアイアン人気おすすめランキング|評価&特徴

2019年マッスルバックアイアン人気おすすめランキング|評価&特徴

第7位 テーラーメイド P730

オススメ度(75%)

 

【P730アイアンの特徴】

  • 打感が抜群に良い
  • コントロール性能も良い
  • シャープな顔で構えやすい
  • ミスの許容範囲は狭い

 

P730アイアンの番手ごとのロフト角

5番 6番 7番 8番 9番 PW
27度 31度 35度 39度 43度 47度

海外のトッププロでも使用率が高まってきているテーラーメイドとなっております。先日行われた2019年マスターズゴルフでもタイガー・ウッズが復活の劇的優勝を遂げたときも、ゴルフクラブはほぼテーラーメイドで組んでおりました。

>>タイガーウッズの最新クラブセッティング情報はこちら

 

このタイガー・ウッズモデルのP-7TWはタイガー・ウッズのために作られたアイアンですので、P730とは全くの別物となっておりますが、今後テーラーメイドのアイアンが今以上に注目される事間違いなしだと思います。

 

 

第6位 本間ゴルフTW-BM

オススメ度(80%)

 

【TW-BMの特徴】

  • 打感良し
  • ミスの許容範囲は普通
  • ボールがつかまりにくい為、扱いが難しい

 

TW-BMの番手ごとのロフト角

5番 6番 7番 8番 9番 PW
25度 28度 32度 36度 41度 46度

ホンマは打感が本当に素晴らしいことでも有名ですが、今回のTW-BMについても打感は素晴らしいです。マッスルバックですが、ミスの許容範囲はそこまで狭くはないのですが、ボールを捕まえにくいです。ものすごくコントロールが難しいアイアンだと私個人的には感じておりますが、思いっきり捕まえにいっても若干スライスするような弾道となるので、フェードを打っていきたい方にはおすすめのアイアンとなっております。

 

 

第5位 三浦技研 MC-501

オススメ度(90%)

 

【MC-501の特徴】

  • ヘッドがものすごく小さく感じる
  • 打感は国内随一レベルで最高な仕上がりとなっている
  • アイアン上級者でも難しい

 

MC-501の番手ごとのロフト角

5番 6番 7番 8番 9番 PW
27度 30度 34度 38度 42度 46度

三浦技研のクラブは、ミズノと同じ「遠藤製作所」で製作されている名器です。打感はミズノと同等、もしくはそれ以上に柔らかくて最高です。打感を追及する方、クラブマニア、アイアン上級者は、一度は打ってみたいアイアンではないでしょうか。

私も実際に打ったことがありますが、ものすごく難しいです。ヘッドの体積も他メーカーのマッスルと変わらないはずなのに、構えると小さく感じるんです。なので、特徴に「小さい」と書きました。三浦のアイアンは上級者仕様ですので、下手に手を出すと痛い目を見ますが、一度使ったら離れられない方も多くいるほど最高のアイアンです。

 

 

第4位 タイトリスト718MB

オススメ度(95%)

 

【718MBの特徴】

  • ヘッドが小さいく振りぬきやすい
  • 打感良い
  • マッスルバックなのに飛距離性能が低くはない
  • コントロール性能抜群

 

718MBの番手ごとのロフト角

5番 6番 7番 8番 9番 PW
27度 31度 35度 39度 43度 47度

718MBについては試打と特集記事を執筆しておりますが、私の率直な感想として、「ものすごく素晴らしいアイアン」であるという事です。

今回、初めてタイトリストのマッスルバックを打ちましたが、ここまで良いとは想像打にしておりませんでした。詳細については、以下2つの記事にまとめておりますので、是非ご覧ください。

>>718MBを私が実際に試打した感想はこちらから

>>718MBの特集記事も執筆しておりますのでこちらから是非ご覧ください。

 

 

第3位 スリクソン Z965アイアン

オススメ度(94%)

 

【Z965アイアンの特徴】

  • 抜群の抜け感
  • ミスにそこそこ寛容に作られている
  • コントロール性抜群

 

Z965アイアンの番手ごとのロフト角

5番 6番 7番 8番 9番 PW
26度 29度 33度 37度 41度 46度

スリクソンZ965アイアンは、ソール部分が三角形となっているため、抜群の抜け感を再現しております。ミスにそこまで弱くなく、マッスル苦手な方でもなれれば問題なく使いこなせるであろうアイアンとなってます。デザインもカッコイイし、非常にオススメです。

>>Z965アイアンの試打記事はこちらから

>>Z765アイアンの試打記事はこちらから

>>Z565アイアンの試打記事はこちらから

 

 

第2位 SRIXON Z-FORGEDアイアン

オススメ度(95%)

 

【Z-FORGEDアイアンの特徴】

  • ウェット状態でのスピン性能が抜群
  • 打感が非常に柔らかい
  • V形状のソールによって、抜け感が抜群によい

 

Z-FORGEDアイアンの番手ごとのロフト角

5番 6番 7番 8番 9番 PW
26度 29度 33度 37度 41度 46度

2019年のスリクソン新商品、マッスルバックのZ-FORGEDアイアンです。松山英樹、星野陸也、出水田大二郎らプロゴルファーも採用を始めているこのZ-FORGEDアイアンですが、打感が柔らかいのが特徴で、もう一つの素晴らしい性能は「ウェット状態でのスピン性能のアップ」です。

この画像はダンロップホームページからの抜粋ですが、従来品、要は前作のZ965アイアンと比べるとはるかにウェット状態でのスピン性能がアップしております。また、ソールについては従来品同様にV形状のソールを採用しているので、抜け感抜群で言うことなしのアイアンです。

>>スリクソンの2019年新モデル「Z-FORGEDアイアン」最新情報公開

 

 

第1位 ミズノプロ118

オススメ度(100%)

 

【ミズノプロ118アイアンの特徴】

  • デザイン最高
  • 打感は国内随一を誇るほど最高
  • 飛距離性能は低いがスピン性能が良い
  • ミスの許容範囲が限りなく狭い

 

118アイアンの番手ごとのロフト角

5番 6番 7番 8番 9番 PW
27度 30度 34度 38度 42度 46度

ミズノプロは他メーカーのクラブにはない抜群の打感を再現してます。ミズノ好きには非常にオススメですが、今までミズノを使ったことが無い人にもオススメです。私はMP62を使っているのですが、正直な話、MP62よりミズノプロ118の方が簡単です。

>>ミズノプロ118の試打記事はこちらから

 

 

スポンサーリンク

まとめ〜2019年マッスルバックアイアン人気おすすめランキング|評価&特徴

最後に2019年マッスルバックアイアン人気おすすめランキングを一覧表にまとめてみましたので総括としてご覧ください。

順位 メーカー モデル
1位 ミズノプロ 118アイアン
2位 スリクソン Z-FORGEDアイアン
3位 スリクソン Z965アイアン
4位 タイトリスト 718MB
5位 三浦技研 MC-501
6位 本間ゴルフ TW-BM
7位 テーラーメイド P730
8位
9位
10位

まだ7位までしかランクづけ出来ておりませんが、今後良いマッスルバック情報が入ってきたり、実際に私が試打した感想などからランキング追加や入れ替えを実施していきますので、更新をお楽しみにしていてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました