MENU
CATEGORY

画像

Q1
どのゴルフクラブが欲しいですか?
くろたろ
「初心者ゴルファーズcafe」へようこそ!ゴルファーのための情報サイト「Gridge」ライターのくろたろです。私はゴルフスクールに3年通って160から74までスコアアップに成功した普通のサラリーマンゴルファーです。そんな私のゴルフ実体験をもとに、なぜゴルフスクールがおすすめなのか?やスクールに通う意味、通う前の注意点などを発信しております。「しっかり正しく学べば何歳からでもゴルフは上手くなれます!」
高反発ぶっとびドライバーをお探しの方はこちら>>

Z785アイアンが初心者ゴルファーにおすすめな理由とは|SRIXON試打

Z785アイアン初心者ゴルファーおすすめな理由を、ベストスコア74のサラリーマンゴルファーである私がお話ししていこうと思います。

基本的にSRIXONアイアン製品はZ745アイアン以降からソールの形状が非常に素晴らしいものへと仕様変更がかかっているので、私的にはそこからSRIXON製品のアイアンへの見る目が変わっていきました。さて、早速Z785アイアンの魅力を存分に語っていきたいと思いますので、是非ご覧ください。

>>スリクソンZ785アイアンの試打レビューはこちら

 

目次

Z785アイアンが初心者ゴルファーにおすすめな理由とは|SRIXON試打

Z785アイアンのソール形状に理由がある

Z785アイアンのソール形状を見てください。(右がZ785アイアン、左がZ585アイアンです)

ソールの中心付近に1本ラインが入っているように見えませんか?このラインに秘密が隠されているんです。この写真だとどんな秘密が隠されているのかが分かりにくいかもしれません。

 

こちらの写真で再度見て見てください。

ソール中心部が尖ってるのが分かりますか?これが秘密の正体です。この尖っている部分があることで「抜群の抜け感」を出しているんです。この三角ソールによって、今までのアイアンとは全くの別物になっております。

私も最初にZ785アイアンを試打するまでは、この三角ソールが与える抜けへの影響がここまで大きいとは思って見ませんでしたが、試打して見て驚きました。おそらくですが、この三角ソールによって、接地抵抗を極力減らしているからなんだと思います。とにかく抜けの時の抵抗が極力減らされていることが分かるアイアンとなっているので、もし試打する機会があったら、是非試打して見てください。おそらく私の言っている意味がわかっていただけると思います。

 

 

前作と比べてZ785アイアンの打感が改善されている

前作のZ765アイアンも三角ソール仕様でしたので、抜けについては前作からZ785アイアンになったことで大幅に変わってはいませんが、打感がかなり改善されていると感じました。しっかりミートすればボールがフェースに食いつく打感を得られるようになっているので、打感が硬いイメージが払拭されているのが今回のZ785アイアンです。

 

 

ミスの許容範囲が広いZ785アイアン

SRIXON製品はミスの許容範囲が比較的広い方だと私は感じております。もちろん許容範囲の広さについてはZ585アイアンZ785アイアンZ965アイアンの順番に徐々に狭くなってきます。Z965アイアンになると初心者ゴルファーでは扱いが難しいですが、Z785アイアンまでなら十分に使いこなせることができるほど、ミスの許容範囲が広いアイアンです。そして操作性も優れているので、上級者になってからも使っていけるアイアンが、このZ785アイアンです。

 

 

Z785アイアンは飛距離性能も素晴らしい

飛距離性能も素晴らしいですが、通常のフォージドレベルなので、ぶっ飛びアイアンではないことは確かです。何が素晴らしいのかというと、この打感とミスの許容範囲、そして三角ソールによっての抜け感の良さ、この3つが揃っているのにも関わらず飛距離性能が前作Z765アイアンと同じ性能を誇っていることが素晴らしいということです。普通何かを求めれば何かを失うというのがあるように私は思っているのですが、このZ785アイアンについては何も失っておらず進化を続けているアイアンです。

 

 

 

Z785アイアンが初心者ゴルファーにおすすめな理由とは|SRIXON試打

Z785アイアンの魅力を存分に語ってきましたが、簡単にまとめると

  • 三角ソールの抜群の抜け
  • 打感の改善
  • ミスの許容範囲が広い
  • 飛距離性能も良い

この4点が揃っているからこそ素晴らしいZ785アイアン。初心者ゴルファーへ是非おすすめしたいアイアンの1つですので、これからアイアンを購入しようとしている初心者ゴルファーの方はチェックして見てください。

 

 

目次
閉じる