テーラーメイドM6ドライバーの試打評価|シャフトはジアッタス5S

スポンサーリンク

2019年2月15日付で発売のテーラーメイド新製品M6ドライバーですが、2019年1月18日にM5ドライバーM6ドライバー、そしてM6フェアウェイウッドが試打解禁となりましたので早速試打してまりました。

さて、テーラメイドの製品は打感もよく非常に素晴らしい性能を毎度誇っておりますが、今回のM6ドライバーはどのような性能を誇っていたのか?

ではテーラーメイドM6ドライバー試打評価をご覧下さい。

>>テーラーメイドM5ドライバーの試打レビュー

>>テーラーメイドM6フェアウェイウッドの試打レビュー

>>テーラーメイドM5アイアンの試打レビューはこちら

>>テーラーメイドM6アイアンの試打レビューはこちら

 

スポンサーリンク

テーラーメイドM6ドライバーの試打評価|シャフトはジアッタス装着

テーラーメイドM6ドライバーの外観デザイン

テーラーメイドM6ドライバーの試打評価|シャフトはジアッタス5S

事前情報通りのデザイン、ブラックベースにオレンジのラインが映えてM6ドライバーは最高にカッコいいデザインですね。今回私が試打に選んだヘッドはネック部分を見てわかる通り9度のドライバーを選びました。

>>テーラーメイドM6ドライバーはなぜ売れ筋ランキングの上位を獲得しているのか?

 

今回試打シャフトに選んだのはジアッタス5S

テーラーメイドM6ドライバーの試打評価|シャフトはジアッタス5S

シャフトはマミヤのジアッタス5Sと6Sを選択できたので、迷わずジアッタス5Sを選びました。ジアッタス6Sではなく5Sにした理由は、試打の時は準備運動もしないし、今は冬なので、身体が動きにくいと思った為、楽な5Sを選択しました。

なぜジアッタスを選んだのかというと、クセがなく扱いやすい、そしてテーラーメイドM6ドライバーとの相性も良いと思ったからです。理由としては、前作のテーラーメイドM4ドライバーを試打した時の評価が非常に良かったためです。

 

 

 

アドレスした時のテーラーメイドM6ドライバーの印象

テーラーメイドM6ドライバーの試打評価|シャフトはジアッタス5S

M5ドライバーは460ccのヘッドなのですが、その大きさを感じさせないような色使い・デザインで、非常に構えやすいのが印象的でした。スクエアよりかはフェースが若干開いているようにも感じるので私的にはそれがM5ドライバー好印象でした。先日試打したキャロウェイのエピックフラッシュとはM6ドライバーは真逆のタイプのように感じました。

さて、早速試打してみましょう。

 

 

実際試打したテーラーメイドM6ドライバーの感触

まずはじめに感じたのは、その打感の良さです。M6ドライバーの芯に当たるとボールがフェースに食いつく感覚が手に伝わってきて最高に気持ちいいです。テーラーメイドM3 440ドライバーテーラーメイドM4ドライバーを試打した時も感じましたが、テーラーメイドは打感が本当に素晴らしいです。

試打なので、3球程度でいつも終わりにするのですが、実はこの後さらに3球ほど追加で打たせて頂いちゃったほどです。さて、そして試打データですが、以下の画像の通りとなっております。(赤色がM6ドライバーの試打データです)

テーラーメイドM6ドライバーの試打評価|シャフトはジアッタス5S

画像では見づらいと思いますので、1番良かったデータを下記に書き出してみますね。ちなみに紫色はM5ドライバーの試打データです。

飛距離 259ヤード
キャリー 229ヤード
ボールスピード 58.8
打ち上げ角度 16.7
サイドスピン 156L
バックスピン 1491RPM
総スピン量 1500RPM
ミート率 1.44
ヘッドスピード 40.9m/s

M6ドライバーの試打データ見てわかる通りヘッドスピードが40.9にもかかわらず259ヤードを叩き出しておりますので、かなりのぶっ飛びドライバーとなっております。ボールコントロールもしやすく、思った通りに右左と打ち分けることが可能だと感じました。

恐らくミート率が非常に良いのも原因の一つかと思います。1.44のミート率だと、ほぼ完ぺきに近いミート率なのでヘッドスピードが足らなくても、その分ミート率でカバーしているという感じではあるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

テーラーメイドM6ドライバーの飛距離性能の秘密はフェース面にあった

テーラーメイドM6ドライバーの試打評価|シャフトはジアッタス5S

スピードインジェクション

赤い丸ポチが2つ見えると思いますが、ヘッドの反発係数をルール上最大限にチューニングする新技術スピードインジェクションという技術のようです。このスピードインジェクション技術によって、M6ドライバーはボールの初速が上がり、飛距離性能がアップしているようです。

 

 

ツイストフェース

テーラーメイドM3やM4にも採用されてきたツイストフェースがテーラーメイドM6ドライバー、M5ドライバーにも採用されております。このツイストフェースとはテーラーメイド独自の技術でして、ようはミスヒットを無くしてボールのばらつきを抑える技術です。これによって高い飛距離性能と直進性能を実現しているようです。

 

 

低・深重心設計

テーラーメイドM6ドライバーのソールには、「グラファイト・コンポジット」が採用されているため、通常よりも大きなウェイト(46g程度)を採用することができた。M5ドライバーのように重心位置を移動することはできませんが、この低・深重心設計によって慣性モーメントを高めることに成功しました。

 

 

スポンサーリンク

テーラーメイドM6ドライバーの価格

このテーラーメイドM6ドライバーはゴルフ5で試打してきたのですが、価格的にはジアッタスとの組み合わせでも新品で、7万円弱まで値引きして頂けるので非常に安いと私は感じました。ゴルフ5は試打中も丁寧に教えて頂けますし、価格も良心的なのでおすすめのショップです。



 

 

スポンサーリンク

テーラーメイドM6ドライバーの試打評価|シャフトはジアッタス5S〜まとめ

試打シャフト:ジアッタス5S

【デザイン】 総合評価
【打感】 総合評価
【飛距離性能】 総合評価
【初心者向け】 総合評価
【総評】 総合評価

今回のテーラーメイドM6ドライバーは、文句の付け所が今のところ一切ございません。本当に素晴らしいドライバーでした。試打していて、試打を辞めたくなくなったのは久しぶりでした。

物凄く期待して試打に行ってまいりましたが、期待以上の素晴らしいドライバーでした。試打する機会がある方は、ぜひテーラーメイドM6ドライバーを打っておきましょう。試打しておいて後悔はしないと思います。

タイトルとURLをコピーしました