MENU
CATEGORY

画像

Q1
どのゴルフクラブが欲しいですか?
くろたろ
「初心者ゴルファーズcafe」へようこそ!ゴルファーのための情報サイト「Gridge」ライターのくろたろです。私はゴルフスクールに3年通って160から74までスコアアップに成功した普通のサラリーマンゴルファーです。そんな私のゴルフ実体験をもとに、なぜゴルフスクールがおすすめなのか?やスクールに通う意味、通う前の注意点などを発信しております。「しっかり正しく学べば何歳からでもゴルフは上手くなれます!」
高反発ぶっとびドライバーをお探しの方はこちら>>

今平周吾のスイングを徹底解析|ドライバー編

今期2018年の賞金王今平周吾のスイングをベストスコア74のアマチュアゴルファーが徹底解析します。

 

今回のスイング解析ドライバー編となります。あの安定した成績を残した今平周吾のスイングには、どんな秘密が隠されているのか?今後海外を目指していくと公言している今平周吾ですが、海外プロとの体格差などについても少し触れさせていただいております。

 

今平周吾の2018年クラブセッティング

 

 

目次

今平周吾の体格と海外プロの体格

今平周吾の体格

身長 165cm
体重 64kg

 

 

世界ランキングトップ5の体格

氏名 身長 体重 賞金ランキング
ブルックス・ケプカ 185cm 82kg 1
ジャスティン・ローズ 187cm 88kg 2
ダスティン・ジョンソン 193cm 86kg 3
ジャスティン・トーマス 178cm 66kg 4
ブライソン・デシャンボー 185cm 84kg 5

 

 

世界ランキングトップ5の体格平均値

平均身長 185.6cm
平均体重 81.2kg

 

 

今平周吾と世界ランキングトップ5の体格差(平均値から)

身長差 -20.6cm
体重差 -17.2kg

 

ちなみにですが、日本人の男女身長平均値ですが、

日本人男性 171.6cm
日本人女性 158.8cm

その差は12.8cm

 

という事は、日本人男性と女性の差よりも今平周吾の身長と世界ランキングトップ5の平均身長は差が大きいという事になりますね。比べてみて改めて分かりますが、海外勢との体格差がここまで大きいとは。この体格のアドバンテージは埋めようがないですね。

 

 

 

今平周吾のアドレス【ドライバー編】

正面から見たアドレス

綺麗なゆったりとした構えですね。スタンスは肩幅より若干広く、膝をしっかり曲げてますね。

 

 

後方から見たアドレス

後方からでも分かりますが、膝をしっかり曲げて下半身どっしりとした綺麗な構えです。少し気になったのは、グリップを指2本分くらい余らせているようですね。

 

 

 

実際の今平周吾ドライバー動画

前方からのドライバー動画

 

View this post on Instagram

 

昨日は今年の日本オープン会場の横浜カントリーへ、行ってきました! ヤマハ118ドライバー良い感じです😊 #ヤマハ#RMX#118ドライバー👍

今平 周吾さん(@shugo_imahira05)がシェアした投稿 –


横から見るとよくわかりますが、体重移動をかなりしてます。これだけ体重移動しているのに芯がブレていない体幹の強さと下半身の強さを感じます。

 

スイング後は、ほとんどの体重が左足に乗っかっている状態なので右足は爪先立ちでピンとしてますね。それだけ体重を前に乗せてるという事でしょう。

 

テイクバックについては大きすぎないので、安定したドライバーショットが打てるような印象を受けました。だからこその今期の成績なのかなとも感じましたね。

 

そして、ボールを打ち終わった後のティを見てください。地面に刺さりっぱなしで微動だにしてません。それだけ正確にボールのみをミートしているのが分かります。今平周吾の安定感はこの正確さに表れているのでしょうね。

 

 

後方からのドライバー動画

 

View this post on Instagram

 

今日はスローモーション🐢 #スイング動画

今平 周吾さん(@shugo_imahira05)がシェアした投稿 –


今平周吾の驚異的なところですが、テイクバックしている時の「右足の形」を見ていてください。これだけ捻転してるのに、ほとんど形を変えていませんよね?

 

【アドレス時の右足】

 

【トップ時の右足】

 

さすがプロゴルファーといったところでしょうが本当に内転筋の使い方が凄いです。これだけ右足内側に力を溜めこんでるという事なんです。

 

 

 

 

まとめ~今平周吾のスイングを徹底解析|ドライバー編

今回検証してみて感じた今平周吾のドライバーですが、

  • 無理をしないスイング
  • 下半身の強さ
  • 体幹の強さ
  • ミート率の高さ

これら高い水準で整っているからこそ出来る芸当だと感じました。海外勢とは体格差が出てしまっておりますが、体格差を補うこの安定感を武器に、海外でも活躍していって頂きたいものです。

目次
閉じる