今平周吾2018年クラブセッティング|選手&クラブ情報

スポンサーリンク

今回は、2018年国内男子プロゴルフ賞金王に輝いた今平周吾プロの2018年クラブセッティングを紹介していきます。

今平周吾のスイングを徹底解析|ドライバー編

 

 

 

今期ツアーで、たった一度の優勝だけで賞金王に輝いた今平周吾の安定したゴルフを生み出したクラブセッティングはどのようなものなのか?アマチュアの私たちが見ても参考になるようなクラブセッティングなのか?ドライバーからパターまでしっかりチェックしていきましょう。

 

日本ツアー賞金ランキングベスト10のクラブセッティング記事はこちら

 

 

 

スポンサーリンク

今平周吾2018年クラブセッティング|選手&クラブ情報

 

 

View this post on Instagram

 

今日は涼しくて最高でした😊 スイング動画ばっかですいません笑 #スイング動画

今平 周吾さん(@shugo_imahira05)がシェアした投稿 –

ドライバーのクラブセッティング

【YAMAHA RMX116】

【シャフト:ツアーAD TP6】

ロフト角 10.5度
シャフトの長さ 44.75インチ
シャフトの硬さ S

 

 

 

フェアウェイウッドのクラブセッティング

【キャロウェイ GBB EPIC】

番手 5番
ロフト角 18度

 

 

 

ユーティリティのクラブセッティング

【タイトリスト 910H】

 

 

 

アイアンのクラブセッティング

【YAMAHA RMX116 TOURBLADE(4ーP)】

 

 

 

ウェッジのクラブセッティング

【タイトリスト ボーケイデザイン SM7 52度】

【タイトリスト ボーケイウェッジ プロトタイプ 60度】

 

 

 

今平周吾プロのパター

【オデッセイ オー・ワークス BLACK MARXMAN】

 

 

 

使用しているボール

タイトリスト ProV1x

 

 

 

スポンサーリンク

今平周吾のプロフィール

選手名 今平 周吾(イマヒラ シュウゴ)
所属先 フリー
出身地 埼玉県
身長 165cm
体重 63kg
血液型 AB型
出身校 東京国際大学
趣味 音楽鑑賞
ゴルフ歴 9歳~
得意クラブ サンドウェッジ
アマチュア時代の戦歴 2006・2007関東ジュニアゴルフ選手権優勝、2008日本ジュニアゴルフ選手権優勝、2009全米ジュニアゴルフ選手権ベスト8
ツアープレーヤー転向 2011年12月5日
備考 中学時代に関東ジュニアで2年連続優勝。埼玉栄高校1年時の日本ジュニアでは松山英樹との最終組対決を制して優勝。2009年、高校を中退して渡米。フロリダ州のIMGゴルフアカデミーで2年間腕を磨いた。米国滞在中には全米ジュニアでベスト8に入っている。帰国後、2011年にプロ転向し、2014年にはチャレンジ賞金王に。2015年に初シードを獲得した。2016年は未勝利ながらトップ10に8回入って賞金ランク10位と躍進。全英オープンで初メジャーも経験した。2017年は序盤から上位を重ねると、5月の関西オープンでは初日から首位を守って6打差の独走で初優勝を手にした。その後、優勝はなかったが安定した成績を続けて獲得賞金は1億円を突破した。部門別データも軒並み上昇し、中でも飛距離は前年より約10ヤード伸びて約288ヤード。小柄だがパワーも兼ね備えている。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ|今平周吾2018年クラブセッティング|選手&クラブ情報

 

 

View this post on Instagram

 

昨日は今年の日本オープン会場の横浜カントリーへ、行ってきました! ヤマハ118ドライバー良い感じです😊 #ヤマハ#RMX#118ドライバー👍

今平 周吾さん(@shugo_imahira05)がシェアした投稿 –

 

今平プロのクラブセッティングは、ドライバーのシャフトもSを使っておりますし、はたから見ても特にハードスペックというわけではなさそうです。パターについては結構変えている印象がありますね。

 

 

  • 今平周吾のクラブセッティングまとめドライバー:YAMAHA RMX116 10.5°
  • 5FW:キャロウェイ GBB EPIC 18°
  • 3UT:タイトリスト 910H
  • アイアン:YAMAHA RMX116 TOURBLADE
  • ウェッジ:ボーケイデザイン SM7 52°
  • ウェッジ:ボーケイウェッジ プロトタイプ 60°
  • パター:オデッセイ オー・ワークス BLACK MARXMAN
  • ボール:タイトリスト ProV1x

 

 

View this post on Instagram

 

今日は東建でラウンド⛳️ しかし暑い😵💦

今平 周吾さん(@shugo_imahira05)がシェアした投稿 –

 

このスイングでドライバーシャフトの硬さSですよ?このようなクラブセッティングをみると、アマチュアゴルファーは、自分の実力以上のハードスペックなクラブセッティングをしているなと感じます。

 

シャフトの硬さも、しっかりスパイン調整した上で挿し直すと別物になりますので、今使ってるシャフトがSやXでも本来のシャフトの性能を引き出せていないかもしれません。

 

タイトルとURLをコピーしました