MENU
CATEGORY

画像

Q1
どのゴルフクラブが欲しいですか?
くろたろ
「初心者ゴルファーズcafe」へようこそ!ゴルファーのための情報サイト「Gridge」ライターのくろたろです。私はゴルフスクールに3年通って160から74までスコアアップに成功した普通のサラリーマンゴルファーです。そんな私のゴルフ実体験をもとに、なぜゴルフスクールがおすすめなのか?やスクールに通う意味、通う前の注意点などを発信しております。「しっかり正しく学べば何歳からでもゴルフは上手くなれます!」
高反発ぶっとびドライバーをお探しの方はこちら>>

夏ゴルフの熱中症対策にはランチにカレーライスが良い理由

夏ゴルフは紫外線対策も必須ですが、まずは体調管理に気を付けないと、脱水症状や熱中症、熱射病、はたまた水分を一気にとりすぎることによってお腹を下してしまう事が少なくないかと思います。

その中でも今回は熱中症対策に絞ってお話していこうと思います。

さて、ゴルフ場ランチには必ずと言っていいほどカレーライスがメニューに加わっておりますが、実はこのカレーライス熱中症対策に良いという事を存知でしたか?

 

目次

夏ゴルフの熱中症対策にはランチにカレーライスが良い理由

熱中症対策に効果がある栄養成分とは

  • カリウム
  • クエン酸
  • ビタミンB1

この3つと言われておりますが、ではこの3つの栄養成分がカレーライスとどのような関係性を持っているのか?以下からはその関係性についてお話していきます。

 

カレーライスでカリウムを含む材料とは

夏ゴルフの熱中症対策にはランチにカレーライスが良い理由

【じゃがいも】

じゃがいもはカリウムを多く含んでおりますので、熱中症対策に効果があるカリウムを摂取するにはじゃがいもを摂取することが効果的です。

また、カリウムとは、主に脱水症状と関係性が深いと言われておりますので、非常に重要な栄養素となります。脱水症状を引き起こすと、熱中症になった際の回復に影響を及ぼすと言われております。

 

カレーライスでクエン酸を含む材料とは

夏ゴルフの熱中症対策にはランチにカレーライスが良い理由

【じゃがいも】

これまたカリウムと同様に、じゃがいもはクエン酸も多く含んでおります。クエン酸を摂取することによって、乳酸の発生を抑えてくれるので疲労回復に効果があると言われております。

 

カレーライスでビタミンB1を含む材料とは

夏ゴルフの熱中症対策にはランチにカレーライスが良い理由

【豚肉】

豚肉はビタミンB1を多く含んでおります。ビタミンB1が不足すると乳酸などの疲労物質が分解できずに溜まってしまうと言われております。

 

カレーライスに含まれるスパイスも熱中症対策に効果的

カレースパイスには消化促進効果がありますので、食欲がなくなる夏には非常に効果的だと言われております。夏は食欲がなくなりますが、カレーには食欲増進効果もありますので、夏バテにもってこいの食材です。

 

あわせて紫外線対策もしていきましょう

ゴルフは直射日光を浴びるスポーツですので、熱中症対策とあわせて紫外線対策も必須となります。

将来シミや皮膚ただれが起きる原因なのよ~

日焼け対策もいろいろありますが、実はゴルファー専用の日焼け止め製品というのがあるのです。

その名も、

ゼロホール(ZERO HOLE)

>>【必見】ゴルファー専用日焼け止めゼロホール(ZERO HOLE)の紹介 

>>【ゴルファー必見】日焼け止めクリームの人気おすすめランキング

 

夏ゴルフの熱中症対策にはランチにカレーライスが良い理由

ゴルフ場のランチにカレーがある理由とは、おそらく熱中症対策の為なのではないのか?と私は個人的に思っております。

ただ、カレーライスでも熱中症対策に効果が高いカレーライスはポークカレーです。ポークカレーであれば、カリウム・クエン酸・ビタミンB1をすべて摂取することが可能ですので、夏ゴルフをやる際のランチは是非ポークカレーを食べて、少しでも熱中症対策をしてみてはいかがでしょう。

目次
閉じる