2019年エイペックス(APEX)アイアンの試打レビュー|キャロウェイ

スポンサーリンク

2019年2月8日付で発売予定のキャロウェイ新製品エイペックス(APEX)アイアンシリーズ」ですが、1月11日にエイペックス(APEX)、エイペックスプロ(APEXPRO)の2タイプが試打解禁となりましたので、早速2タイプともに試打してまいりました。

 

エイペックスプロ(APEXPRO)アイアンの試打レビュー

 

スポンサーリンク

2019年エイペックス(APEX)アイアンの試打レビュー|キャロウェイ

エイペックス(APEX)アイアンのデザイン

デザイン的に飛び系アイアンを想像してしまうようなマット感と形です。

今回は7番アイアンを試打してまいりました。

エッジ部分が欠けてるようなデザインとなっておりますが、抜けが良くなるような設計なのでしょうか。スリクソンのZシリーズアイアンを思わせるようなデザインとなっております。

 

 

構えた時のエイペックス(APEX)アイアン

ヘッドの大きさはエイペックスプロ(APEXPRO)と、さほど変わりませんが、ヘッドの厚みがエイペックス(APEX)の方がかなり厚いですね。

 

 

エイペックス(APEX)アイアンの試打データ

画像では見づらいかと思いますので、一番良いデータのみ下記に書き出して見ます。(青がエイペックスプロ、赤がエイペックス)

飛距離 178ヤード
キャリー 163ヤード
ボールスピード 50.0
打ち上げ角度 19.8
サイドスピン 1014L
バックスピン 3895RPM
総スピン量 4025RPM
ミート率 1.23
ヘッドスピード 40.7m/s

かなりぶっ飛び系のフォージドアイアンですね。打感はぶっ飛び系のあるあるですが、「硬い」です。芯を食ってもフェースに食いつく感覚は得られませんので、コントロール性という点ではスペック的には劣るかと思います。ミスヒットには非常に強いと感じましたので、初級者の方でも安心して使っていけるアイアンだと思います。

 

 

スポンサーリンク

まとめ〜2019年エイペックス(APEX)アイアンの試打レビュー|キャロウェイ

【デザイン】 総合評価
【打感】 総合評価
【飛距離性能】 総合評価
【初心者向け】 総合評価
【総評】 総合評価

抜群の飛距離性能とミスヒットへの寛容さで飛び抜けて素晴らしいので、初心者〜中級者にもってこいのアイアンだと感じました。ボールコントロールがしたい上級者ゴルファーの方には少し不向きな感じもしますが、飛距離性能が非常に高いので、通常ロングアイアンで攻めていたところがショートアイアンでも攻められるようになるのは非常にいい点ではあります。

こちらのアイアンも捕まりやすい設計となっておりますので、スライサー向きのアイアンとなっております。

タイトルとURLをコピーしました