ニコンNikonのクールショットは人気おすすめレーザー距離計|価格&特徴

スポンサーリンク

2019年1月1日からゴルフのルールが改正となりましたね。その新ルールの中で、レーザー距離計の使用可能となったことについて、今回はニコンNikonクールショットレーザー距離計価格特徴、そして新ルール適合品なのか?などをピックアップしていきたいと思います。

 

ちなみに新ルール適合品となるレーザー距離計の条件ですが、

  • 2点間の距離を測れるものであること
  • 方角が測れるものは適合外

こんな感じになります。

 

そして、ローカルルールによりレーザー距離計の使用が禁止となるケースもあるようなので、競技ゴルフをしている方は、大会運営へ都度使用可否の確認をする必要が出てきそうですね。

 

 

スポンサーリンク

ニコンNikonのクールショットは人気おすすめレーザー距離計|価格&特徴

ニコンNikonのクールショットは人気おすすめレーザー距離計|価格&特徴

ニコン(Nikon)クールショットの製品比較表

製品名 測定可能な
最大距離
手ブレ補正機能 高低差の測定 測定スピード 防水性能
COOLSHOT PRO
STABILIZED
500yd 0.3秒 防水・防曇
COOLSHOT 40i 450yd × 0.5秒 生活防水
COOLSHOT 40 450yd × × 0.5秒 生活防水
COOLSHOT 20 250yd × × 生活防水

 

 

ニコン(Nikon)クールショットを製品別に価格を最安値で比較してみました

製品 税込み価格(最安値)
COOLSHOT PRO STABILIZED 42,851円
COOLSHOT 40i 28,011円
COOLSHOT 40 26,186円
COOLSHOT 20 16,780円

やはりフルスペックのCOOLSHOT PRO STABILIZEDがダントツで高いですね。

 

 

アマチュアゴルファーにオススメのクールショットは?

正直なところ手振れ補正機能がほしいところではあるので、理想は「COOLSHOT PRO STABILIZED」ですが、ある程度割り切れるのであれば、「COOLSHOT 20」で十分だと私は思います。

なぜ「COOLSHOT 20」で十分なのか気になるところであると思うので、私が個人的に思う理由を数点あげていきます。

 

  • COOLSHOT20で十分な理由測定距離は250ydあれば十分
  • 高低差が測定できない為、競技ゴルフでも使用可能
  • 心配なのは手振れ補正機能がついていない事のみ

これが私が考える理由です。

まず、測定距離は500ydもいりません。250ydまで測ることが出来れば十分にハザードを回避できたり、ピンを狙う事が出来ますので、測定距離は250ydで十分です。

COOLSHOT20は、高低差が測定できないモデルとなりますが、これがかえって好都合。ルール適合品ですので、競技ゴルフをしているアマチュアゴルファーにとっては良い製品かと思います。ただし、競技ゴルフでレーザー距離計を使用する際は、かならず運営に使用可否の事前確認をしておきましょう。

ただし、心配なのは「手振れ補正機能が無い」ことです。レーザー距離計を使用するうえで重要になってくる「手振れ補正機能」ですが、これの有無で使い勝手のストレスが全然違います。なので、前述で割り切ることが大事と話をした大部分がこの「手振れ補正機能」によるところが大きいです。

ちなみに手振れ補正機能有無の参考画像ですが、

ニコンNikonのクールショットは人気おすすめレーザー距離計|価格&特徴

こんな感じとなっております。手振れしてしまうと距離測定がなかなかうまくいかないので、やはりついていた方がいいです。

 

 

スポンサーリンク

AmazonでもニコンNikonクールショットが購入可能

Amazonでも私が調べた最安値近辺、もしくは同価格で販売しているようですので、購入するならAmazonはオススメですね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ~ニコンNikonのクールショットは人気おすすめレーザー距離計|価格&特徴

ニコンのクールショットのオススメは、やはりフルスペックの最上位機種「COOLSHOT PRO STABILIZED」ですが、コスパを考えて、ある程度機能を割り切れるのであれば「COOLSHOT20」もオススメだと私は思います。

私もそうですが、他の使っている方を見ても、やはり手振れ機能はほしいと言う方が結構いらっしゃるので、手振れ機能は重視した方が良いかと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました