GARMIN(ガーミン)人気おすすめレーザー距離計|価格&特徴

スポンサーリンク

私個人的にイチオシの人気おすすめレーザー距離計メーカーのGARMIN(ガーミン)

2019年1月1日から新ルールとなりまして一部ルールが改正されました。そのルールで話題に上がったのが一部のレーザー距離計が使用可能となったという事。そこで今回はこのGARMIN(ガーミン)価格や特徴、そして新ルール適合品なのか?などをまとめましたので是非ご覧ください。

 

スポンサーリンク

GARMIN(ガーミン)人気おすすめレーザー距離計|価格&特徴

GARMIN(ガーミン)人気おすすめレーザー距離計|価格&特徴

GARMIN(ガーミン)は5つの商品展開をしています

Approach S60 フルカラーパネルでコースレビューやピンポインター、そして通信機能を備えたガーミン(GAMIN)のハイエンドモデルです
Approach S20 クラス最軽量。ショットの位置と飛距離を自動計測可能。ハザードなどにも対応したアドバンスモデルです。
Approach CT10 ショットを記録するクラブトラッキングセンサーです。
Approach  Z80 GPS搭載により、ゴルフナビ機能を兼ね備えたレーザー距離計です。
TriSwing 3Dスイングアニメーションなど7つのデータ項目で自分のスイング分析ができる、高性能スイング解析センサーです。

 

 

GARMIN(ガーミン)に収録されているゴルフ場

日本国内のゴルフ場2,718箇所・コース数だと4,711コースが収録されております。

また、海外ゴルフ場については、約128ヶ国・約35,368コースが収録されており、

GARMIN(ガーミン)人気おすすめレーザー距離計|価格&特徴

このデータの通り、非常に広範囲にわたってカバーしている優れものとなっております。

 

 

GARMIN(ガーミン)各モデルの価格について

モデル名 価格(税別)
Approach S60 50,741円
Approach S20 27,593円
Approach CT10 11,852円
Approach Z80 68,334円
TruSwing 18,334円

 

 

GARMIN(ガーミン)各モデルの主な特徴について

モデル名 主な特徴
Approach S60 1.2インチの大型タッチスクリーンを採用しており、直射日光の下でも見やすい。高低差情報を得ることができるので、より高度な距離計測が可能になっています。また、スマホと同期が可能なので、電話やSMSなどの着信通知をその場で確認することができます。
Approach S20 腕時計デザインですので、つけていて違和感がありません。そしてスマホと同期が可能なので、電話やSMSなどの着信通知をその場で確認することができます。スコアカードも簡単にその場で記録と保存ができる優れもので、なおかつ記録をアップロードすればオンラインでゴルフ仲間とつながることもできます。
Approach CT10 グリップエンドの丸い穴に差し込むだけで、14本全てのクラブのショットを記録することができます。CT10対応機種と事前にペアリングしておけば、自動的に起動してラウンド中に記録してくれるので、面倒な設定は不要となりますので、ラウンド中の負荷がございません。
Approach Z80 内蔵センサーによる「手ぶれ補正」が最大の魅力です。レーザー距離計は手ぶれによって正確な距離が測れない場合がありますが、Z80はそのようなことは一切ないです。また、高低差も考慮して距離計測をしてくれるので、より正確なクラブ選択が可能です。
TruSwing 各クラブのシャフトに取り付けることによって、ヘッドスピード、テンポ、クラブの軌道、フェース角、ダイナミックロフト、シャフトの傾き、シャフト角、球筋を計測することができます

 

 

GARMIN(ガーミン)はゴルフ新ルールに適合しているのか?

GARMIN(ガーミン)は、非常に高性能の為「高低差」も見ることができます。

今回の2019年ゴルフ新ルールでは、レーザー距離計を使っても良くなっておりますが、その条件の一つとして「高低差」が見れるレーザー距離計の使用は認められておりません。

しかし、一部機能を制限すれば使用可能となります。

Approach S60 トーナメントモードONで対応
Approach Z80 トーナメントモードONで対応

この「トーナメントモードON」にすることによって、高低差を測る機能とピンポインター機能がなくなるので、トーナメントでも使用可能となりますが、事前に使用可能かは大会運営への確認やローカルルールを確認するようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ〜GARMIN(ガーミン)人気おすすめレーザー距離計|価格&特徴

GARMIN(ガーミン)のレーザー距離計は、価格は少し高めの設定ですが、機能性が素晴らしいので、アマチュアゴルファーがプライベートで使うレーザー距離計の中では素晴らしい部類に入るものだと思います。

競技ゴルフをされている方は、必ず事前に大会運営へGARMIN(ガーミン)が使用可能かの判断を仰ぐようにした方が良いかと思います。GARMIN(ガーミン)だけでなく、レーザー距離計を使用する場合は都度確認をした方が安心ですね。

 

タイトルとURLをコピーしました