エピックフラッシュスターの試打レビュー|キャロウェイ|2019新製品

スポンサーリンク

2019年2月8日付で発売予定のキャロウェイ新製品エピックフラッシュシリーズ」ですが、1月11日にエピックフラッシュエピックフラッシュスターエピックフラッシュサブゼロの3タイプが試打解禁となりましたので、早速3タイプともに試打してまいりました。

試打した感想がすこぶる良いエピックフラッシュスターですが、抜群の飛距離性能と安定感を誇るといった話をよく聞きます。では、実際アベレージゴルファー(ヘッドスピード42程度)の私レベルではどのような試打データがでるのでしょうか。

少し遅れてしまいましたが、ゴルフ史上初のAI導入となっているエピックフラッシュスター評価特徴をしっかりレビューしていきたいと思います。

>>エピックフラッシュサブゼロの試打レビュー

>>エピックフラッシュドライバーの試打レビュー

 

スポンサーリンク

エピックフラッシュスターの試打レビュー|キャロウェイ|2019新製品

エピックフラッシュスターのデザイン

シックでかっこいいですが、ブラックベースなので傷が目立ちそうですね。これを綺麗に使いこなすことができたら、さぞかっこいいでしょう。

 

 

エピックフラッシュスターの試打シャフト

キャロウェイの純正オプションのスピーダーでした。本当は3タイプとも同じシャフトで検証したかったのですが、試打クラブがなかったのでしょうがありません。さて、どのような動きをするのかわかりませんが、楽しみですね。

 

 

実際試打したエピックフラッシュスターの感触

早速試打した時の打感ですが、やはり硬いです。キャロウェイは打感の改善をした方がいいと切に思いました。芯に当たっても硬いです。ボールがフェースに食いつくような打感は得られないと思ってもらって結構です。

 

 

エピックフラッシュスターの試打データ

画像ですと見づらいかと思いますので、一番いい当たりをしたデータのみ記載します。

ちなみにエピックフラッシュスターは一番下の紫色データとなります。(青はサブゼロ、赤はフラッシュ)

飛距離 255ヤード
キャリー 214ヤード
ボールスピード 61.6
サイドスピン 441L
バックスピン 1,169RPM
総スピン量 1,250RPM
ミート率 1.44
ヘッドスピード 42.8m/s

このヘッド、エピックフラッシュスターにした瞬間に打球音が変わりました。なんていうんでしょう、、、金属バットで野球ボールを打ったかのような、甲高い音が店内に響き渡りました。最初は芯を食わなかったので、そのせいかなと思い芯を食うまでやりましたが、やはり打球音は変わらずに甲高い音。

試打した感想は、かなり捕まりやすいヘッドですので、スライサー向きだと感じました。しかし、エピックフラッシュスターだけ打球音が違いすぎて唖然としてしまいました。ただし、ボールの初速が他メーカーのドライバーに比べると抜群に性能が高いです。

試打した時は、体が温まってないのでフルスイングというわけではないので、いつもよりも捕まってしまっておりましたが、ちょっとこのスターについては私には合っていないとハッキリわかるくらいでした。

 

 

スポンサーリンク

どの程度のヘッドスピードがあればエピックフラッシュスターを使いこなせるのか?

私のヘッドスピードが42.8ですが、いつも使っているドライバーよりも5ヤード程度飛距離が延びていたので、今の私でも問題なく使えるであろうと思いました。ヘッドスピード40以上あれば問題なく使えるのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

まとめ~エピックフラッシュスターの試打レビュー|キャロウェイ|2019新製品

【デザイン】 総合評価
【打感】 総合評価
【飛距離性能】 総合評価
【初心者向け】 総合評価
【総評】 総合評価

このエピックフラッシュシリーズのドライバーは3種類御座いますが、松山英樹や石川遼も採用を決めている非常に注目されているシリーズのドライバーです。

注目されるだけあって飛距離性能抜群なドライバーでしたが、前項にも述べた通り、スライサー向きのヘッド、そして打感も硬い。最後に気になる点は打球音ですね。これ私と同じ経験した方がいたらコメント頂きたいくらいです。

 

試打する機会がある方は、是非試打してみて下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました