MENU
CATEGORY

画像

Q1
どのゴルフクラブが欲しいですか?
くろたろ
「初心者ゴルファーズcafe」へようこそ!ゴルファーのための情報サイト「Gridge」ライターのくろたろです。私はゴルフスクールに3年通って160から74までスコアアップに成功した普通のサラリーマンゴルファーです。そんな私のゴルフ実体験をもとに、なぜゴルフスクールがおすすめなのか?やスクールに通う意味、通う前の注意点などを発信しております。「しっかり正しく学べば何歳からでもゴルフは上手くなれます!」
高反発ぶっとびドライバーをお探しの方はこちら>>

ミズノプロ(MizunoPro)のドライバー|モデルSの試打レビュー

ミズノプロ新製品ドライバーモデルS」を試打してまいりました。ミズノプロとなって初のドライバーですので非常に楽しみです。

ミズノと言ったら、その最高の打感。今回ミズノプロとなって初のドライバーモデルS」ですが、打感はどのように向上しているのか?飛距離性能やコントロール性はどのようなのか?非常に楽しみです。

 

 

目次

ミズノプロ(MizunoPro)のドライバーモデルS(MODEL-S)の試打レビュー

ミズノプロ モデルS(MODEL-S)ドライバーの外観デザイン

ミズノプロ(MizunoPro)のドライバー|モデルSの試打レビュー

モデルS(MODEL-S)は、435ccのヘッドなので、小ぶりで私は好きな形です。全体的にブラックでまとめられているところは、ミズノ時代から受け継いでいるように感じます。

 

 

今回、モデルSの試打シャフトに選んだのはツアーADのGM-1

ミズノプロ(MizunoPro)のドライバー|モデルSの試打レビュー

これはミズノプロ(MizunoPro)モデルSの純正シャフトですが、試打する時はこれしか選べませんでしたので、とりあえずしょうがないかなという感じです。

 

 

アドレスした時のミズノプロ モデルS(MODEL-S)ドライバーの印象

ミズノプロ(MizunoPro)のドライバー|モデルSの試打レビュー

ミズノプロ(MizunoPro)モデルS(MODEL-S)ドライバーは、435ccなので小ぶりで非常に構えやすいかったです。振り抜きやすそうなデザインで、非常に試打が楽しみになってきました。

 

 

実際試打したミズノプロ モデルS(MODEL-S)ドライバーの感触

ミズノプロ モデルS(MODEL-S)のドライバーを実際試打して見ての感想ですが、非常に難しいです。とりあえず私の試打データで一番良かったものを下記に記載します。

A:モデルS(MODEL-S)

B:モデルE(MODEL-E)

ミズノプロ(MizunoPro)のドライバー|モデルSの試打レビュー

飛距離 238ヤード
キャリー 不明
ボールスピード 不明
打ち上げ角度 10.7
サイドスピン 240L
バックスピン 1970RPM
総スピン量 不明
ミート率 1.45
ヘッドスピード 41.8m/s

捕まりやすいヘッドですので、いくらスライスを打とうと頑張ってもスライスボールが出ませんでした。そして、このモデルS(MODEL-S)は非常にハードスペックです。間違いなくヘッドスピード45m/s以上のゴルファーがターゲットのように感じました。

私はヘッドスピード41.8でしたが、いくら打っても弾道が高くなりませんでしたので、私にはオーバースペックでした。そしてそれは飛距離にも出ておりますが、このミズノプロ モデルS(MODEL-S)は、決して飛距離性能に秀でているドライバーではございません。逆に飛ばない方かもしれません。

ただし、打感は素晴らしかったです。が、ミズノ時代と対して変わりはしないように、私は感じましたので、ミズノプロ になったからと言って、特別優れている箇所は・・・うーん、私には見当たりませんでした。

 

 

総合試打評価~ミズノプロ モデルS(MODEL-S)ドライバー~

【デザイン】 総合評価
【打感】 総合評価
【飛距離性能】 総合評価
【初心者向け】 総合評価
【総評】 総合評価

少し辛口評価になってしまい、非常に恐縮なのですが、私には扱いづらいドライバーだと感じてしまいました。非常に難しいドライバーです。

購入する際は、ぜひ試打してみることをオススメします。

目次
閉じる