MENU
CATEGORY

画像

Q1
どのゴルフクラブが欲しいですか?
くろたろ
「初心者ゴルファーズcafe」へようこそ!ゴルファーのための情報サイト「Gridge」ライターのくろたろです。私はゴルフスクールに3年通って160から74までスコアアップに成功した普通のサラリーマンゴルファーです。そんな私のゴルフ実体験をもとに、なぜゴルフスクールがおすすめなのか?やスクールに通う意味、通う前の注意点などを発信しております。「しっかり正しく学べば何歳からでもゴルフは上手くなれます!」
高反発ぶっとびドライバーをお探しの方はこちら>>

マスターズ|オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブのコースマップ

マスターズ開催場所のオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブコースマップをご紹介します。オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブは各ホールごとに名称がございますので、ホール詳細欄には各ホールの名称も記載しております。

ちなみにこの名称の名付け方としては、コースを賑わす樹木や花などの名前がつけられているようですので、そういったところも見ながらコースマップを楽しんでいってください。また、オーガスタでよく耳にする「アーメンコーナー」についても書いておりますので、ぜひご覧ください。

 

【その他マスターズ関連記事はこちら】

>>速報リーダーズボード|2019年マスターズ(Masters)

>>マスターズ(Masters)の歴代優勝者一覧表

>>マスターズ(Masters)全出場選手一覧表

>>マスターズ(Maseters)出場予定選手の最新クラブセッティングまとめ

>>2019年マスターズ(Masters)のテレビ放送スケジュール

>>松山英樹のマスターズ(Masters)全結果まとめ集

 

 

目次

マスターズ|オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブのコースマップ

オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブのOUTコース

HOLES 1 2 3 4 5 6 7 8 9
YARDS 445 575 350 240 495 180 450 570 460
PAR 4 5 4 3 4 3 4 5 4

 

オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブのINコース

HOLES 10 11 12 13 14 15 16 17 18
YARDS 495 505 155 510 440 530 170 440 465
PAR 4 4 3 5 4 5 3 4 4

 

 

 

マスターズ|オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ各ホールの詳細レイアウト

1番ホール「Tea Olive」

マスターズ|オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの1番ホールコースマップ

445ヤードのパー4で、ややドッグレッグの右肩上がりのコースです。1951年に正面と左側のグリーンサイドバンカーが追加されました。

 

 

 

2番ホール「Pink Dogwood」

マスターズ|オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの2番ホールコースマップ

575ヤードのパー5、左ドッグレッグのコースです。グリーン周りのガードバンカーは深いので注意が必要。当初ガードバンカーは右側しか設定されておりませんでしたが、1946年に左側のバンカーが追加されました。

 

 

 

3番ホール「Flowering Peacn」

マスターズ|オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの3番ホールコースマップ

350ヤードのパー4となっており、コース左側の4つのフェアウェイバンカーとグリーン左サイドのガードバンカーにも注意が必要です。グリーンは左右に傾斜しており非常に難しい仕様となっております。

 

 

 

4番ホール「Flowering Crab Apple」

マスターズ|オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの4番ホールコースマップ

240ヤードと、非常に長いパー3となっております。距離があり、なおかつ左右のグリーンバンカーに守られております。風の影響も強く、かなり難しいホールです。

 

 

 

5番ホール「Magnolia」

マスターズ|オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの5番ホールコースマップ

左ドッグレッグとなっており、打ち上げのホール。 コース真ん中のフェアウェイバンカーは深いので注意が必要。フェアウェイバンカーを2つとも超えるには315ヤードもの飛距離を必要とするので、超えるのは困難となっています。

 

 

 

6番ホール「Juniper」

マスターズ|オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの6番ホールコースマップ

180ヤードのパー3となっており、大きな起伏のあるグリーンが特徴のホールです。

 

 

 

7番ホール「Pampas」

マスターズ|オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの7番ホールコースマップ

450ヤードのパー4で左右が狭いホールとなっており、セカンドショットのショート・ミドルアイアンの高度なテクニックが必要となっております。グリーンの前後にある3つのガードバンカーに注意が必要。

 

 

 

8番ホール「Jasmine」

マスターズ|オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの8番ホールコースマップ

570ヤードのパー5、打ち上げのホールですが、右側のフェアウェイバンカーを避けるために正確なドライバーショットが求められます。長くて狭いグリーン周りにはバンカーはありませんが、バンカーレスですが、放題グリーンとなっており周囲を塚で守られております。

 

 

 

9番ホール「Carolina Cherry」

マスターズ|オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの9番ホールコースマップ

460ヤードのパー4。グリーン左サイドに2つのガードバンカーがありますので、これらを避けるため1打目はフェアウェイ右サイドを狙うのが有効。

 

 

 

10番ホール「Camellia」

マスターズ|オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの10番ホールコースマップ

495ヤードと距離のあるパー4。当初この10番グリーンは巨大なフェアウェイバンカーの右側に配置されておりましたが、 1937年にホールが改正されて、フェアウェイバンカー奥へグリーンが移動となり、より難しいホールとなりました。

 

 

 

11番ホール「White Dogwood」

マスターズ|オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの11番ホールコースマップ

このホールからアーメンコーナーが始まります。 グリーンは左サイドの池と右奥のバンカーに守られており、攻略には高度なショットが要求されます。

 

 

 

12番ホール「Golden Bell」

マスターズ|オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの12番ホールコースマップ

世界で最も有名なゴルフホールの1つ、オーガスタナショナルのパー3です。 風によっては、6番アイアンから9番アイアンまでのクラブ選択が必要となってくる非常に難しいホールとなっております。グリーン周りの3つのガードバンカーが厄介な存在はとなっています。そして、グリーンオンしたゴルファーはベンホーガン橋を渡ってグリーンへ向かいます。
この12番ホールの気まぐれな風、狭いグリーン、池によって、マスターズタイトルを逃したプレーヤーが多く存在します。

 

 

 

13番ホール「Azalea」

マスターズ|オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの13番ホールコースマップ

510ヤードのパー5。左ドッグレッグのホールとなっており、フェアウェイの中央に正確なティーショットを打つことで2打目にグリーンを狙うことができます。

 

 

 

14番ホール「Chinese Fir」

マスターズ|オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの14番ホールコースマップ

この14番はバンカーレスの440ヤード、パー4となっております。かつて2打目エリア付近にはフェアウェイバンカーが設置されていたようですが、1952年のマスターズの後に取り除かれ、この14番ホールはバンカーレスのホールへと変わりました。

 

 

 

15番ホール「Firethorn」

マスターズ|オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの15番ホールコースマップ

 

 

 

16番ホール「Redbud」

マスターズ|オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの16番ホールコースマップ

このホールは、3つのバンカーに囲まれたグリーンと、グリーンまでのフェアウェイが全て池となっている、かなりプレッシャーがかかるホールです。 パッティング面が右から左にかなりピッチが高いので、バーディーチャンスを得るためには精度の高いティーショットが求められます。

 

 

 

17番ホール「Nandina」

マスターズ|オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの17番ホールコースマップ以前はバンカーに守られていないグリーンとなっておりましたが、現在はフロントバンカーが設置されております。

 

 

 

18番ホール「Holly」

マスターズ|オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの18番ホールコースマップ

ゴルフで最も有名なフィニッシングホールのひとつが、このオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの18番ホール。この上り坂の右ドッグレッグはフェアウェイの左サイドにある2つのバンカーで守られております。グリーン周りは観客の視線を改善するために輪郭が描かれています。

 

 

オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブのアーメンコーナーとは?

11番ホールから13番ホールまでの3ホールが、オーガスタのINコースの攻略の鍵となってきます。そして、この3ホールを攻略するのに必要なものが「神への祈り」だと考えたのが、アメリカのゴルフライター「ハーブ・ウォレン・ウィンド」。彼がアーメンコーナーと名付けたようです。

 

目次
閉じる